目錄 購物車 {{currentCart.getItemCount()}}

日本 RESPO 粘彈性競技機油的歷史



1987RESPOの歴史は、粘弾性オイル成分の添加剤から始まりました。

当時市販車最速といわれた“RUF CTR(通称イエローバード)”のエンジンを護る為にRESPOは、開発されました。

空冷・水平対向・ターボとオイルに求められる性能は非常に高く、厳しいものでした。

しかしRESPOの粘弾性オイル成分が強い油膜を保持することにより、エンジンは常にベストコンディションに保たれ、最高の性能を維持できたのです。

この事によりRESPOはポルシェユーザーの厚い信頼を得ることができました。

RESPOの粘弾性オイル成分は、すべてのRESPOオイルに使用されています。

 

RUF CTR

ポルシェ製水平対向6気筒エンジンにツインターボで加給し、最低補償馬力469馬力を発生、

最高速342km/hを記録した、チューニングコンプリートカー。

通称:イエローバード